1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAカードではマイルが貯まらない?キャンペーンや還元率で選ぶのはこれ!

ANAカードではマイルが貯まらない?キャンペーンや還元率で選ぶのはこれ!

ANAマイル   565 Views

こんにちはFPマイラーです。

マイラー界にいる人たちは常にマイルを貯めることを意識していると思いますが、私もだんだんとそうなってきました(笑)

生活の中心をマイルに頭が行くことによって、大きく貯めることができることも実感しています。

ただ以前の私ですと現在のように毎月数万マイルから10万マイルも貯めることができなかったと思うのですが、その理由はカードだけでは貯まらないということでしょう。

ANAカードでマイルが貯まらないと思っている人の参考になればと思います。

ANAカードの利用だけでは貯まらない

マイルを貯めようと思った時に入るのはOK

以前の私もそうだったんですが、まずはマイルを貯めようと思った時にANAカードに入ろうと思いますよね。

もちろんそれだけ浸透してきていることですので、悪いことではなくまた飛行機に乗った際もボーナスマイルなどが加算されるので、お得なカードであることは間違いがありません。

しかし考えてみれば陸マイラーになりたい!と思っている人はお金をかけずに飛行機に乗りたい人ですので、そもそもお金を使って航空券を利用したくない人が多いと思います。

そう考えるとフライト時のボーナスマイルというのはあまり魅力的なものではなく、結局はカード決済だけで貯めようとしている人が多いように思います。

そうした場合、他のカードに入るよりもANAカードに入ることは非常に合理的であるのは間違いないでしょう。

私も再び陸マイラーになった時に最初に入ったのはANAカードでしたから。

還元率に大差はない

ANAカードというのは各カード会社から色々なブランドのカードが出ており、最初に選ぶことが本当に難しいと思います。

JCB・VISA・アメックス・ダイナースと4社からカードが発行されていますが、カード利用で貯まるマイルというのは正直大きな差はありません。

ANAダイナースプレミアムカードだけが頭一つ抜けて還元率は2%となっていますが、年会費は155,000円ですので一般の方には選択肢として入ってこないでしょう。

もちろん陸マイラーになって、マイルが貯まるようになれば上級カードを持ちたい!という選択肢が出てくるようになりますが、それはあくまでもマイルが貯まった後の話だと思います。

しかし最初の段階ではそこまでのカードは必要ないと考える人が多いのでゴールドカードまでで考える人が多いと思われます。

そうした中で最もマイルが貯まるANAカードとして多くの陸マイラーブログで紹介をされているカードがANA VISAワイドゴールドカードでしょう。

こちらのカードの還元率は1.5%を超えることもありますが、とりあえず1.5%で計算してみましょう。

カード決済だけでは無理がある

ではこのANA VISAワイドゴールドカードを毎年ガンガン利用してどれくらいのマイルが貯まるのでしょうか?

仮に生活費の多くをカード決済をしたとして毎月25万円のをカード決済したとします。

そうすると年間での利用額は300万円となり、還元率が1.5%の場合45000マイル貯まることになります!

この45000マイルというのは、日本ー香港を往復で1人ビジネスクラスで行けるマイル数になりますね。

国内線で利用しようとすると大阪-沖縄が15000マイルですので、家族3人で沖縄旅行に行けるくらいは貯まります。

しかし毎月25万円の決済をして、これだけのマイル数しか貯まらないのはどうなのでしょうか?

もっと効率よくマイルを貯めるにはANAカードは重要ではあるけれども、どのANAカードを選ぶのかはもっと重要になるということを強調しておきたいところではあります。

最初のカード選定が最も重要

マイ友プログラムの利用は必須

そうするとどのANAカードで貯めると最も効率的にマイルを貯めていくことができるのでしょうか?

まず利用していただきたいキャンペーンというのが「マイ友プログラム」というANA独自のキャンペーンがあります!

 

こちらのプログラムは今のところ期限がいつまでというアナウンスはありません。

一般カードであれば500マイルでゴールドカードであれば2000マイルを獲得することができます。

そしてこのマイ友プログラムのマイルを獲得するには、カードを作成する前に参加登録をする必要があります。

下の画像のように私の名前を入れてもらうとプログラムに参加できます。

下記リンクにいくと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、

  • 紹介者氏名欄「フクダトシヤ」
  • 紹介者番号「00035548」

と入力してもらえるとカードを発行した後にマイルが獲得できます!

このマイ友プログラムは必ず利用したいところですね!

 

この作業を先にしておくだけで500マイルか2000マイル(プラチナカードは5500マイル)を獲得できるのは非常に大きくて貴重です。

一般かゴールドはどちらを選ぶ?

先ほども言いましたように、一般カードでもゴールドカードでも実は還元率に大きな差はありません。

年会費が違うように思えるのですが、実は還元率を1%にしようと思うと一般カードでも年会費とは別に手数料が必要になりますので、一般カードでも結局は7000円ほどの年会費相当額はかかります。

そう考えるとゴールドカードの方が空港ラウンジも利用できますし、海外旅行傷害保険も大きくなりますからゴールドの方がいいような感じはしてきます。

ただ逆に言えばそれだけしか差はありませんので、できれば安い方がいいと思っている人は一般カードでも問題はないと思います。

その一般カードやゴールドカードを選ぶよりも重要なのはカードブランドを選ぶ方が重要だと思っています。

年間100万マイルを貯めている人はアメックス

アメックスの紹介キャンペーンにもANAカードは必要

私の周りには年間100万マイルとか500万マイルを貯めている人は実は大勢います。

こういう人たちはクレジットカードの利用だけで貯めているわけではありません。

もしカードの利用だけで貯めようと思うと1億円ほどのカード利用が必要になってきますしね(笑)

こういう大量マイルを貯めている人はポイントサイトの利用とアメックスカードの紹介でマイルを貯めている人がほとんどとなっています。

私もポイントサイトとアメックスの紹介でマイルを貯めています。

ポイントサイトでマイルを貯めるにはこちらの記事を参考にしてください。

2019年陸マイラー用のポイントサイトでおすすめは5つ!還元率やAmazonでの貯め方を比較!

ANAカードを持つと年間移行額が無制限になる

アメックスカードは実はANAカード以外でも手数料を支払うことによってANAカードに交換することもできます。

ただ他のアメックスで貯めたポイントをANAマイルに移行するには年間の移行上限というものが設定されており4万マイルが上限となることが決まっています。(2018年中は8万マイル)

先ほど説明した100万マイルを貯めている人になれば、全然交換できないマイルが貯まってしまうことになるので、他のアメックスカードでANAマイルを貯めるのは効率的ではありません。

もちろん年間4万マイルもあれば大丈夫、という人であれば他のアメックスでもいいのですが(笑)

そうするとANAアメックスカード、ANAアメックスゴールドカードを持つこと無制限にポイントをマイルに交換することができるようになるのです。

またANAアメックスは他のJCB・VISA・ダイナースよりも大きな入会キャンペーンを実施していることが多く最初に選ぶべくブランドはアメックスブランドであることは間違いないと断言できます。

ANAJCBワイドゴールドカードの2019キャンペーンは?ポイントサイトはここを経由!

ANAダイナース2019年5月最新版入会キャンペーン!どのポイントサイト経由が得?

ANAカードでマイルは大きく貯まる!

ANAカードでマイルを貯めるなら ANAカード入会キャンペーンを利用する!

色々なブランドで入会キャンペーンは実施しているのですが、私がおすすめする最初の一枚は絶対にアメックスブランドがいいと思います。

VISAを除くJCBもダイナースも入会キャンペーンを実施していますが、そのどちらよりも大きなマイルを獲得できるチャンスがあります。

ではそのアメックスブランドのANAカードですが、入会キャンペーンが一般カード・ゴールドカードのどちらも大きいですね。

ANAアメックスの2019年2月キャンペーンは4.3万マイル!ポイントサイト経由や還元率!

上記は一般カードであるANAアメックスカードですが、こちらは年会費7000円と安くマイルを獲得できるのも最大で43000マイルはかなり大きいです。

ちなみに一般カードとなりますので、マイル移行手数料は年間で6000円必要です。

そしてもう一枚はANAアメックスゴールドです。

ANAアメックスゴールドの2019年5月は7万マイル!キャンペーンはポイントサイト経由以外で!

見ていただくとわかるようにキャンペーンの達成で7万マイルを貯めることができます。

またANAゴールドカード入会キャンペーンも実施されていますから、さらにプラスでマイルを貯めることが可能です。

7万マイルもあれば、もう少し頑張ればレギュラーシーズンでのハワイへの特典航空券が2人分獲得することができます。

最強のANAカードのおすすめはANAアメックスゴールド

ここまでANAカードでマイルが貯まらない人に向けてお話をしましたが、貯まるANAカードとして紹介したいのはANAアメックスゴールドカードです。

こちらのカードの入会キャンペーンが驚愕過ぎで、きちんと条件を達成することができれば入会キャンペーンだけで7万マイルもの大量マイルを獲得できます。

また11月の末まではANAゴールドカードも適用できる可能性がありますので、ダブルでお得になります。

ANAカードでマイルが貯まらないということはなく、きちんと最初に選ぶカードを間違えなければマイルは貯まります。

まずはマイ友プログラムに登録してから、先ほどおすすめしたANAアメックス・ANAアメックスゴールドカードからマイルを貯め始めてみましょう。

 

条件の達成であっという間に海外旅行の特典航空券の一人分くらいはすぐに貯まります。

ANAアメックス・ANAアメックスゴールドの入会は紹介プログラムが最もお得にマイルを貯めることができるので、ご希望の方は下のボタンから問い合わせをして見てください。

紹介キャンペーンに関するご案内をお送りさせていただきます。

ANAアメックス紹介プログラムで申し込み

 

マイルを貯め始めると人生も変わります。

私も再びマイルを貯め始めて実際に半年で20万マイルを達成できましたが、最初に作ったのはANAアメックスカードでした。

ただ最初にゴールドを利用していたらもっと貯まったのに、という後悔は大きいですので大きなマイルを獲得したいと考えている人はゴールドを選んでくださいね。

 

P.S 大阪で好評だったセミナーを開催いたしますので、ご興味ある方はこちらで案内していますのでご覧になってください!

 

生活を変えなくても年間5万マイルを貯めれる方法があるのをご存知でしょうか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • 外食モニターでJAL/ANAマイルを貯める!ポイントサイトで最もおすすめは?

  • ハピタスに外食モニター案件が登場!友達紹介でマイルも貯めやすいが上限は?

  • JCBカードWはポイントサイト経由で6000円相当!公式キャンペーンとAmazonに強い!

  • JRキューポはANAマイルに81%でポイント交換!貯め方と最強のクレジットカードは?

  • ファミマTカードはポイントサイト経由で!2019最新キャンペーンで入会がお得か?

  • げん玉のお友達紹介がリニューアルで最強ポイントサイトに!ハピタスを超えるか?