1. TOP
  2. クレジットカード
  3. 年会費無料で海外旅行傷害保険が無料になるクレジットカードは自動付帯がおすすめ!

年会費無料で海外旅行傷害保険が無料になるクレジットカードは自動付帯がおすすめ!

こんにちはFPマイラーです。

海外旅行傷害保険付きのクレジットカードは数がたくさんありますが、実はよくよく調べると制限があったりもします。

保険が付帯されていても実は利用しないと適用にならないものもあり、注意が必要となっています。

マイラーとしては海外旅行に何度も行きたい人ですから当然旅行傷害保険が付いているのかどうかが気になるところ。

旅行傷害保険が無料になるクレジットカードを調べてみます。

海外旅行傷害保険は自動付帯がおすすめ

クレジットカードの傷害保険は何枚あっても合算できる項目がある

海外旅行傷害保険というのは保険の分野で言えば損害保険の分野になります。

損害保険は基本的には合算できないというイメージを私は持っていたのですが、死亡補償以外の項目で合算できるものがあるのです。

その合算できる項目の中に疾病治療費用保険などがありまして、これは役に立ついい補償ですので嬉しいことになります。

自動付帯と利用付帯の違いは?

そして海外旅行傷害保険は自動付帯と利用付帯というものに分かれています。

自動付帯というのはカードを持っているだけで適用される保険です。

利用付帯というのは、その海外旅行にいく費用の全部もしくは一部をカードを利用した際に適用されるものをいいます。

もちろん自動付帯の方がいいに決まっていますので、ここでは自動付帯に絞って説明して行きたいと思います。

おすすめの自動付帯年会費無料のクレジットカードは?

一番重要な補償は疾病治療費用保険

海外旅行傷害保険の中で重要視すべき補償というのは実は死亡補償ではありません。

海外に行って死亡事故というのはなかなか少ないですので、自分で利用することを考えると病気になった時の方が心配です。

海外に行けば水も違いますし、飛行機に乗って体調を崩すこともあるでしょう。

そう考えれば一番重要な補償というのは、海外で病院にお世話になったときに利用できる補償になります。

しかも怪我だけではなく病気も補償されるものとしては、疾病治療費用保険が必要となるのです。

海外での病気は費用が高額になるケースも

ではその疾病治療費用保険ですが、一体いくらくらいあれば安心できるのでしょうか?

ジェイアイ傷害火災保険の調べによると、海外での事故例がホームページで紹介をされています。

日本と違って保険適用にならない場合に、本当に支払えるのかどうかというほどの高額請求も実際に起こっています。

こちらが例になります。

 

見ていただくとわかるように数千万円の請求の例も少ないながらもあります。

また数百万円レベルは普通にあるということを覚えておいてください。

これだけの請求が来たときにクレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険で足りるのでしょうか?

この心配を解消できるのが、先ほどお話しました合算できるというのが大きなメリットになるのです。

おすすめのクレジットカードはこの4社

エポスカードは最強の年会費無料のカード

合算できるといってもカードの年会費がその都度かかってしまうのでは旅行のときに保険に入るのとあまり変わらなくなりますね。

ですので、ここでは年会費無料のものをご紹介したいと思います。

一番最初におすすめするのはエポスカードです。

このカードには一般カードでも疾病治療費用保険が大きく付帯されており、270万円付いています。

 

年会費無料でこれだけの補償があるのはかなり大きいです。

しかも自動付帯ですので、かなりおすすめのカードになります。

エポスカードの入会キャンペーンは9500円相当!紹介番号とポイントサイト経由はここで!

このカードは持っておくだけでもメリットのあるカードですが、できれば年間50万円の利用をすればゴールドカードのインビテーションが来ます。

しかも年会費が永年無料のゴールドカードですので、一度持てば一生物のカードになりますよ。

ちなみに私もゴールドのインビテーションが来て今はゴールドホルダーになっています。

またゴールドカードの疾病治療費用保険は300万円に少しだけですが補償が上がります。

一番最初の持っておいて欲しいカードだと言えます。

セゾンブランドは補償が大きい

次に紹介するのはセゾンブランドのカードです。

セゾンブランドは実は海外旅行傷害保険の補償が手厚いことで有名です。

しかもカードランクに関わらず補償が手厚いのも特徴がありますね。

ただ年会費無料のカードとなると、25歳以下になりますがセゾンブルーアメックスカードになります。

こちらは26歳以上になると年会費が3000円発生しまうのですが、25歳までの方は年会費無料で疾病治療費用が300万円も付帯されます。

年齢限定というのは少し残念ではありますが、該当する方にはとてもおすすめなカードとなりますよ。

ただセゾンカードはゴールドまでは初年度年会費無料のキャンペーンも行なっていることが多いので、そちらを検討するのもありでしょうか。

セゾンゴールドアメックスのキャンペーンは?初年度無料でJALマイルが貯まる!

ジャックスカードはREXカード

年会費無料のカードで旅行傷害保険が自動付帯されているのがジャックスカードです。

私が持っているカードで言えば、リーダーズカードがありますが、これは初年度年会費無料です。

次年度以降は30万円以上の利用があれば無料になりますが、それ以外では2500円かかります。

そうなると年会費無料のカードでということになるとREXカードになりますね。

価格コムが発行しているカードとなりましてこちらもおすすめのカードです。

モッピーなどポイントサイト経由でも申し込みできますので、利用してみてもいいかもしれません。

こちらの疾病治療費用保険は200万円となっています。

ポイント還元も高還元率なのでおすすめのカードです。

REX(レックス)カードはポイントサイト経由で7800円キャンペーン相当!Kyashチャージで高還元率に!

年会費が有料で海外旅行傷害保険が大きいカードは?

初年度年会費無料を狙うのもあり

この海外旅行傷害保険ですが、年会費が永年無料のものは今ご紹介したようにあまり数は少ないですね。

利用付帯であれば、リクルートカードやJCB Wカードなどもあるのですが自動付帯となるとやはりカード会社の負担が大きくなると思われます。

ただ考え方を変えてみれば海外旅行にそんなに頻繁に行く人でなければ初年度年会費無料のカードを行く予定の半年から3ヶ月前に作るというのもいい方法になるでしょう。

初年度年会費無料のカードで最もおすすめはアメックスゴールドカードになります。

アメックスゴールドは初年度年会費無料で補償はカード決済する場合としない場合で金額が少し違います。

旅行代金を決済しない場合で考えてもみても疾病治療費用保険は200万円付帯されています。

しかしこれだけを見るとセゾンゴールドアメックスの方が補償が大きいのですが、アメックスゴールドには年に2回だけですがプライオリティパスが付いています。

プライオリティパスは海外に行った時には重宝するアイテムになりますので、旅行傷害保険とセットで初年度無料で持つことができるのであれば最高です。

アメックスゴールドは紹介プログラムからの入会で初年度年会費無料になりますので、旅行が少し先で海外ラウンジを利用したい人であれば持っておいて損はないカードとなります。

アメックスの紹介プログラムはこちらから申し込みしてください。

アメックス紹介プログラムで申し込みする

 

アメックスプラチナは最高級の補償

このアメックスゴールドカードの上級カードになりますのが、アメックスプラチナカードですね。

年会費は13万円と超高額なのですが、保険もやはり一級のものが付帯されており500万円もの補償が付帯されております。

もちろんアメックスプラチナは他の特典も色々とありますので、旅行によく行く人やホテルでよく泊まる人にとってはかなりいいカードです。

しかし旅行傷害保険だけで入る必要はないと思いますね。

海外旅行傷害保険のまとめ

疾病治療費用保険はできれば1000万円は確保しておきたい

先ほどのジェイアイ傷害火災保険の事故例をみていると補償額はできれば大きいに越したことはありません。

空港や保険代理店などで扱っている海外旅行傷害保険が優れているのは、疾病治療費用保険が無制限になっているのです。

なんでクレジットカードに付帯されているのにわざわざ入るんだろう?と思っている人も多いかもしれませんが、やはりそれなりにきちんとした理由があります。

ただ流石に無制限というのはクレジットカードを持つだけでは不可能なのが現状です。

目安としては1000万円ほどあれば少しは安心して旅行に行くことができるのではないでしょうか。

1000万円確保するためには三枚ほどカードは持っておくのがベスト

旅行傷害保険をクレジットカードだけで1000万円持とうと思うとどうすればいいのでしょうか?

まずは年会費無料のエポスカードとレックスカードは入っておいた方がいいでしょう。

この2つのカードを持てば疾病治療費用保険は470万円になります。

入るべき年会費永久無料のカード
  • エポスカード
  • REXカード

残りの補償は若い方であればセゾンカードで300万円の補償を持つことができますが、それ以上の方は先ほどご紹介したアメックスゴールドとセゾンカードを持つのがいいでしょう。

セゾンブルーカードは年会費が3000円ですし、アメックスゴールドは初年度年会費無料で持つことができます。

しかもプライオリティパスが付いてくるとなると、これは本当に利用価値の高いカードとなるでしょう。

何もないのに越したことはありませんが、病気になってしまうと折角の旅行が台無しになるだけでなく金銭的な心配もなくすためにはせめて1000万円ほどは準備しておいてください。

FPの視点から見ても準備をきちんとしておくことはおすすめです。

クレジットカードの枚数が増えるかもしれませんが、持つだけで補償がされるカードは持っておきましょう!

アメックス紹介プログラムで申し込みする

 

P.S 大阪で好評だったセミナーを開催いたしますので、ご興味ある方はこちらで案内していますのでご覧になってください!

 

生活を変えなくても年間5万マイルを貯めれる方法があるのをご存知でしょうか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • 海外旅行にクレジットカードは何枚必要?おすすめの一枚や海外旅行傷害保険は?

  • dカードゴールドのdポイントはANAマイルに移行できる?裏技的な使い方は?

  • JRキューポはANAマイルに81%でポイント交換!貯め方と最強のクレジットカードは?

  • ANA JCB一般カードの2019キャンペーンはソラチカも対象のポイントサイト経由で!

  • 2019年6月ANA VISAワイドゴールドのキャンペーンはポイントサイト経由でマイルを貯める!

  • ANAJCBワイドゴールドカードの2019キャンペーンは?ポイントサイトはここを経由!