1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAマイルとJALマイルは現金化できる?マイルと現金はどっちがお得か徹底検証!

ANAマイルとJALマイルは現金化できる?マイルと現金はどっちがお得か徹底検証!

こんにちはFPマイラー(@fpmilerosaka)です。

コロナウイルスの関係で旅行のいけない日々が続いていますね。

貯めているANAマイルやJALマイルの有効期限は3年あるけれども、飛行機に乗れないのであれば他のポイントに交換したいと思う人もいるはずですね。

今回はANAマイルやJALマイルから現金化できるのか?

また他のポイントに交換する中でおすすめのものを紹介していきたいと思います。

「当ページからのお申し込みは、LINE Pay株式会社が主催する 各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。」 

1マイルの価値が最大になるのは特典航空券

特典航空券で国際線の上級シートがお得

ANAマイルやJALマイルの現金化のお話しの前に、今一度確認をしておくべき必要があるのはやはり特典航空券への交換が最もお得になるということです。

特に国際線のビジネスクラス以上の路線の予約を取ることができれば、その価値は1マイル6円にも10円以上にもなります。

例えばハワイへのビジネスクラスはレギュラーシーズンで65000マイルで往復行くことができます。

ハワイへのビジネスクラスを往復しようと思うと50万円とかしますから、やはり価値が高いものとなりますね。

コロナウイルスが収まったら旅行にいきたい人が増えそうですが、マイルの有効期限がたっぷりある人はマイルで持っていても全然いいと思います。

またマイルの価値についてはこちらで詳しく説明もしています。

1マイルを価値換算すると何円?還元率や換金率など使い道で100万円得?

SKYコインなら1マイルが最大1.7円

ではANAマイルをANAグループ内での現金に近いANAスカイコインに交換するとどうなるでしょうか?

このANASKYコインですが、以下の画像の中のサービスであれば利用できます。

このスカイコインができたのは、特典航空券のデメリットを解消するためにできたようですね。

例えば特典航空券では取りづらい人気の路線ではANAスカイコインに交換して航空券を購入することができます。

もちろん特典航空券よりも費用的なものは多くかかりますが、ゴールデンウィークやお正月などの繁忙期でも空席があれば購入することができます。

特典航空券はもともとキャパが決まっていますので、忙しい時期の搭乗にはスカイコインの方が取りやすいのは間違いありません。

そのスカイコインへの交換はスーパーフライヤーズのゴールドカード以上ですと1.7倍で交換することが可能です。

 

50000マイル=85000スカイコイン

つまり1マイルの価値は最大で1.7円になると考えることができます。

そう考えるとやはりANAグループでの利用が最もいい方法ではあります。

ANAマイルの現金交換について

現金に交換することはできるか?

ANAマイルを交換して現金にすることはできるのでしょうか?

直接マイルを現金に交換することは当然のことながらできません。

では絶対にできないのか?と言われるとそれはそうではありません。

 

あるカードを持っていればその方法も可能になります。

そのカードというのが「JQ SUGOCA ANA」になります。

このカードを持っていれば、ANAマイルをJRキューポに交換することができます。

10,000ANAマイル=10,000キューポに交換することができます。

交換にかかる日数は約3,4日とそんなに時間はかかりません。

そしてキューポに交換をすることができれば、そのあとにGポイントに交換すると現金化することが可能です。

GポイントからANAマイルに交換する方法は?最も交換率が高いのは?他の交換でおすすめはコレ!

Gポイントは90%の交換率で現金にすることができますが、5%分は提携サービスを利用すれば戻ってくるので実質的には95%で現金化することが可能です。

ただ私の個人的な意見で言いますと現金化するよりもKyashに交換する方がポイント的にはいいと思いますので、どうしても現金という人以外はKyashがおすすめです。

ANAマイル現金化の方法
  • JQ SUGOCCA ANAが必要
  • ANAマイル→キューポ(100%・3,4日
  • キューポ→Gポイント(100%・2,3日)
  • Gポイント→現金(90%〜95%・7日前後)

まずはキューポからGポイントに交換をします。

そしてGポイントから現金に交換します。

この交換ですが楽天銀行はリアルタイムで交換できますが、他の銀行はだいたい7日前後かかるようです。

提携ポイントに交換でおすすめは?

では次にANAマイルを他の提携ポイントに交換でおすすめはどこになるでしょうか?

ANAマイルを提携ポイントに交換する一覧ページはこちらになります。

こちらのページにも記載がありますが、基本的には20000マイルまでのレートがいいレートで30,000マイル以上を交換するとなるとレートが悪くなりますので、もし交換するのであれば20,000マイルまでにしましょう。

そしてこの中で現金化できるポイントというのがあります。

それはTポイントです。

ANAマイルを交換してTポイントになるまでの交換日数は約10日となっていますね。

Tポイントに交換した後にジャパンネット銀行の口座が必要ですが、 Tポイントは85%の交換レートで現金にすることができます。

私もジャパンネット銀行を持っていますが、85%はやはりあまりレートとしてはよくありません。

また交換にも約2週間ほど必要です。

トータルで1ヶ月近くはかかる計算になります。

ANAマイル現金化の方法
  • ジャパンネット銀行が必要
  • ANAマイル→ Tポイント(100%・10日
  • Tポイント→現金(85%・約2週間)

Tポイントから現金に交換するにはジャパンネット銀行が必要です。

JALマイルの現金化について

JALマイルは現金交換することはできるか?

では今度はJALマイルを交換して現金にすることはできるのでしょうか?

こちらの方も直接JALマイルを現金に交換することは当然のことながらできません。

ただこちらも絶対にできないというわけではなく色々な方法があります。

 

そしてこちらもあるカードを持っていればその方法も可能になります。

先ほどANAのところでも説明しましたが、JALに関してもキューポに交換することができるカードがあります。

そのカードというのが「JMB JQ SUGOCA」になります。

 

このカードを持っていればJALマイルをキューポに交換することができます。

上記の画像でもわかる通り10,000JALマイル=10,000キューポに交換することができます。

交換にかかる日数は約1週間とそんなに時間はかかりません。

そしてキューポに交換をすることができれば、そのあとの流れは先ほどANAのところで紹介した流れと同様の流れになります。

ANAマイル現金化の方法
  • JMB JQ SUGOCCA が必要
  • JALマイル→キューポ(100%・1週間
  • キューポ→Gポイント(100%・2,3日)
  • Gポイント→現金(90%〜95%・7日前後)

JALマイルからの交換もこのカードを利用すればほぼ同様のパーセンテージで交換が可能になります。

ただこちらもこのキューポに交換できるカードが必要になってきます。

ちなみにこのカードはポイントサイトの案件にありませんので、もし入会するとなれば公式サイトからの申し込みとなります。

JALグローバルウォレットの利用(5月31日まで)

そしてこれは期間限定になりますが、1マイルを1.2円で交換する方法があります。

その方法というのが、JALグローバルウォレット経由で現金化をすることができます。

ちなみにJALグローバルウォレットは以下のように説明をされています。

「JAL Global WALLET」はJALマイレージバンクカードの基本機能にMastercardのプリペイド機能と両替機能を加えることで、お客さまの旅をよりスマートにするトラベルプリペイドカードです。詳しくは以下をご覧ください。

プリペイドカードですのでカードの発行に審査はありません。

このカードに10000マイルをチャージをすれば、日本円残高12000円としてチャージをすることができます。

もちろんこのチャージした残高はマスターカードとしても利用できますが、住信SBIネット銀行に払い戻すこともできます。

つまり10000マイル=12000円で払い戻しが可能になります。

私も一度やってみようと思って現在JALグローバルウォレットを申し込みしているところではあります。

2020年5月31日までとなっていますので、今JALマイルがたくさんあって現金に交換したいと思っている方がいれば交換するのも一つだと思いますよ。

特典の申し込みはこちらのページで行うことができます。

番外編Amazonギフトに交換後売却

JALマイルはAmazonギフト券に10000マイル単位で交換することができます。

そのAmazonギフト券は買い取り業者がありまして、そこに買い取ってもらえれば現金にすることもできます。

ただこの方法は買取業者に買い取ってもらいますので100%交換というわけにはいきません。

アマギフの買取相場で考えると大体85%からよくて90%ほどの交換レートになりますのでそこまでよくはありません。

交換日数も1~2週間かかりますし、私的にはあまりおすすめはできないですね。

それでしたら普通にアマゾンで買い物をする方がよいのではないでしょうか?

ANA・JALマイルの現金化のまとめ

マイルで使うか現金で使うか?

ここまでANAとJALのマイルを現金化できるかどうかについて説明をしてきました。

通常時であれば100%還元は難しいですが、95%ほどの交換レートでJQ関連のカードを持っていれば交換はできそうな感じです。

ただその方法が果たしていいのかどうかは疑問ではありますが。

ただしJALマイルの有効期間があまりなく、5月31日までに間に合うのであればJALグローバルウォレット経由で1.2倍の交換はしてもいいかもしれません。

私も一度試しにしてみようと考えているところです。

結論:マイルで使う方が数倍もお得!

それでは最後に結論になりますが、やはりマイルは特典航空券でビジネスクラスやファーストクラスに乗れれば一番いい使い方になると思います。

また今年後半や来年以降の修行などを検討している人はSKYコインやeJALポイントに交換して利用するのもいいと思います。

私はSKYコインに交換して今年は修行をするつもりでしたが、コロナの影響でできませんでしたが(笑)

ただ現金化できるという方法を知っておくのは悪いことではないと思います。

早くコロナが収束して旅行に行けるようになりたいと切に願っていますよ!

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーのマイルとお金の貯め方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーのマイルとお金の貯め方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • モッピーは危険で稼げない?キャッシュバック制限の解除をしてJALマイルを貯める!

  • ANA VISAプラチナプレミアムの2020キャンペーンはポイントサイト?最もおすすめできるプラチナカード!

  • 【プロFP向け】FPマイラーが教える爆速で20万マイル貯める方法!おすすめカードと必須のポイントサイトは?

  • JRキューポはANAマイルに81%でポイント交換!貯め方と最強のクレジットカードは?

  • ひかりTVショッピングはポイントサイト経由でd払いがお得!ポイント3重4重取りも可能に!

  • リクルートカードはポイントサイト経由で8000円相当!VISAマスターは週末キャンペーンを狙え!