1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAVISAワイドゴールドのメリットやデメリットは?マイ・ペイすリボの方法で還元率アップ!

ANAVISAワイドゴールドのメリットやデメリットは?マイ・ペイすリボの方法で還元率アップ!

こんにちはFPマイラーです!

クレジットカードの中で、このカードは本当に陸マイラーによく利用されているカードですね。

ANA VISA ワイドゴールドカードですが、本当にメリットの大きいカードなのでしょうか?

これからANAマイルを貯めようと考えられている方の選択肢に入ってくるであろうANA VISAワイドゴールドカードのメリットやデメリットなどについて説明しましょう。

ANA VISAカード

ANAVISAワイドゴールドカードのメリットは?

10マイルコース登録の手数料が無料

三井住友カード発行のANA一般カードであれば、基本的には5マイルコースに登録になっています。

それを還元率をアップさせる10マイルコースに登録するだけで6000円の手数料がかかります。

しかしこの「ANAVISAワイドゴールドカード」はその移行手数料が無料というメリットがあります。

マイペイすリボを登録しWEB明細に登録すれば年会費は10,260円(税込み)です。

普通のANAカード(年会費2000円)やANAワイドカード(年会費7250円)に移行手数料を加えるとワイドゴールドと年会費はそれほど変わらなくなります。

こういう点も踏まえるとANA VISAワイドゴールドカードが支持されているところでもありますね。

マイ・ペイすリボはポイントが2倍になり年会費が割引に!

マイペイすリボという三井住友カード独自のリボルビング払いのシステムがあります。

このマイ・ペイすリボは自動的にリボ払いになる設定になっており、利用料金の全てがリボルビング払いになるという仕組みですので何もしなければ全額リボルビング払いになる仕組みのことです。

これに申し込みすると年会費が割引になりますので、ANA VISAワイドゴールドであれば年会費は以下のようになっています。

その最低支払い金額は5000円からとなってるのですが、この金額を予め上げておくとリボ払いにはなりません。

例えばこの設定を5万円にした時には5万円までの請求は一切リボ払いにはならずに一括で請求がきます。

ただリボルビング払いの手数料を支払う月にはワールドプレゼントのポイントが2倍になるという特徴を持っています。

この仕組みをうまく活用すると、毎月の利用額のポイントが2倍に!

このマイ・ペイすリボがあるので陸マイラーに愛されているカードになっているのです!

やり方は簡単で毎月リボ残高を1000円程度残せば良いのです。

毎月のリボ残高を1000円程度にすれば10円程度の利息が付きます。

こうやって利息がつくくらいの残高を残すとボーナスポイントがつくのです。

毎月お支払金額を変更するという手間はありますが、これさえすればポイントが2倍になるのでやらない手はないでしょう。

年会費が4500円も割引されてしかもポイントが2倍になっているので、このカードを持っている人はほとんどマイ・ペイすリボの申し込みをしています。

ただし、支払い方法の変更を忘れてしまうと全額リボルビング払いになってしまうので注意が必要です。

還元率が最大で1.65%に!

先ほどマイ・ペイすリボの登録でワールドプレゼントが2倍になると説明しました。

ただこの全てのポイントが10マイルコースに還元できる訳ではありません。

ボーナスポイントは1ワールドプレゼントポイント=3マイルでしか交換はできません。

しかし、ポイントサイトを経由してソラチカルートで交換すると3マイルから4.05マイルに還元率が上がります。

ソラチカルートやソラチカカードに付いてはこちらで詳しく説明しています。

さらに年間300万円以上の利用があればボーナスポイントが1800ポイントもらえます。

1800ポイントを上記のソラチカルート経由にすると7290マイルにすることができます。

つまり300万円利用した時には以下のようになります。

通常ポイント・・・3000ポイント×10倍=30000マイル

ボーナスマイル・・・(3000ポイント+1800ポイント)×5倍※×80.8%=約19400マイル

※ワールドプレゼントは1ポイントが5倍の価値のため

合計49400マイル=還元率約1.65%

還元率が1.65%になるのは本当にすごいことですよね〜

ANA VISAカード

ANAマイルプラス加盟店でマイルが貯まる!

ANAマイルプラスという加盟店があります。

これに登録している加盟店でお買い物をするとANAマイルの獲得率が上がります。

セブンイレブンやマツモトキヨシなど日常的に買い物するところを意識して買い物すればさらにマイルが貯まりやすくなりますね。

毎日のお買い物 トラベルサポート 新生活
セブンイレブン

マツモトキヨシ

ENEOS

イトーヨーカドー

ANA機内販売

西鉄ホテルズ

京急EXイン

三井ガーデンホテルズ

ホテルモントレ

ニッポンレンタカー

ヤマダ電機

紳士服コナカ

紳士服フタタ

はるやま、PerfectSuitFactory(P.S.FA)大きいサイズの店フォーエル、HAL SUIT

大丸・松坂屋

阪急百貨店
阪急メンズ館

阪神百貨店

高島屋

ダイソン

海外旅行傷害保険がある!

このカードはゴールドカードですので、海外旅行傷害保険が付いています。

ゴールドの傷害保険ですので、補償内容はかなりきちんとしたものが付与されていますね。

海外旅行傷害保険

本会員 家族会員 家族特約
死亡・高度障害 最高5000万円 同左 30万から1000万円
傷害治療費用 150万円 同左 50万円
疾病治療費用 150万円 同左 50万円
賠償責任保険 3000万円 同左 1000万円
携行品損害 50万円 同左 15万円
救援車費用 100万円 同左 50万円

一方の国内旅行傷害保険はどうなっているのでしょうか?

少し見ていきましょう。

国内旅行傷害保険

本会員 家族会員 家族特約
死亡・高度障害 最高5000万円 同左 なし
入院保険金額 5000円 同左 なし
通院保険金額 2000円 同左 なし
手術保険金 最高20万円 同左 なし

ちょっとしたメリットとしては自動付帯されているところは嬉しいですね。

ANA VISAワイドゴールドカードのデメリットは?

年会費がネックになる?

確かにANAマイルがたくさん貯まりやすいカードではあるものの、そんなにカードを利用しない人から見ると年会費がネックになる可能性もあります。

年間10,260円ですが、年会費無料のカードばかり持っている人であればこの年会費は確かに痛いかもしれません。

また最大還元率は1.65%ありますがそれはあくまでも前年に300万円を利用した時のこと。

そこまで利用しない人も多くいますので、その場合には還元率は下がってしまいます。

海外旅行傷害保険の疾病治療費が少ない

これはデメリットというほどのものかどうかはわかりませんが、死亡高度障害の5000万円は高い補償ではあるものの、疾病治療費の150万円は心もとないといえば間違いなくそうでしょう。

というのも海外で病気入院した場合、本当に医療費というのは高くつくことが多いです。

特にアメリカでは個人が破産する理由の最も多いのが医療費と言われるほどです。

普通に盲腸などで入院・手術をすると300万円を超える請求というのも普通にあります。

そう考えると疾病治療費用の150万円では全然安心できませんので、他のクレジットカードを持つ必要があるでしょう。

他のクレジットカードを持つとなると年会費無料のカードでいいものが色々とあります。

私のおすすめはエポスカードですね。

エポスカードの入会キャンペーンは9500円相当!紹介番号とポイントサイト経由はここで!

入会キャンペーンで大量のマイルが獲得できない

このカードの最大のデメリットというのはここになります。

他のANAカードは色々とキャンペーンを行なっていますが、このカードは会社の方針なのか大きな入会キャンペーンを行っていません。

ポイントサイトで若干のキャンペーンを行なっている時もありますが、基本的にはほとんどないと思っておいて間違いないと思います。

入会キャンペーンを現在実施しているかはこちらで確認してください!

2019最新版ANA VISAワイドゴールドのキャンペーンはポイントサイト経由でマイルを貯める!

ANA VISAワイドゴールドまとめ

ANA VISAワイドゴールドカードはどんな人向きか

ここまでANA VISAワイドゴールドカードについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

このカードを最大限に活かすにはやはり年間300万円以上を利用する人で手間を惜しまずマイ・ペイすリボとソラチカルートでポイントをマイルに交換できる人ということになります。

仮に300万円以上の利用ができなくても1.5%ほどの還元率にはなりますから、それで十分という人でも良いでしょう。

ただし現在は大きな入会キャンペーンをしていないので、最初に一気にマイルを貯めたいという人向きではないと思われます。

一気にマイルを貯めたい人には?

では入会キャンペーンで一気にマイルを貯めたい人はどのカードを選べば良いのでしょうか?

個人的なおすすめとしてはANAアメックスかANAアメックスゴールドになりますね。

ANAアメックスゴールドの2019年6月は6.2万マイル!キャンペーンはポイントサイト経由以外で!

一般カードで年会費は7000円(税抜き)で入会キャンペーンで33000マイル貯めることができます。

ゴールドカードで年会費は31000円(税抜き)で入会キャンペーンで60000マイル貯めることができます。

どちらもこれだけのマイルを貯めるには紹介プログラムを利用する必要がありますので、私の方にご連絡いただければ紹介することは可能です。

もちろんキャンペーンでマイルを獲得するには条件がありますが、それを達成できれば大きなマイルが入ります!

入会後3ヶ月以内に50万円が一般カードで、70万円利用できるのであればゴールドをおすすめします!

自分にあった方法でマイルを貯めるようにしていってくださいね!

ANA VISAカード

 

ご案内

8/3大阪のなんばにてポイ活・メルカリセミナーを行います。

毎月ポイントサイトで大量の友達紹介をしている秘訣やメルカリ達人からのお得情報が聞くことができますよ!

詳細はこちら

 




\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • 陸マイラーの初心者はマイルが貯まらない?2019年ポイントサイトでの貯め方は?

  • ポイントタウンでのマイルの貯め方は?JALかANAかおすすめ交換先は?

  • ANAゴールドカードのおすすめを年会費やメリットで比較!アメックス・ダイナース・VISA・JCBのどれ?

  • ロフトカードはポイントサイトで8000円分!金土日10%OFFやキャンペーンも!

  • 2019年FP兼陸マイラーが選ぶ大量マイル獲得に必要なクレジットカードは?ANAはこれで決まり!

  • モッピーがANA東急ルートのエクスプレスキャンペーンを実施!2019キャンペーン達成の裏技は?