1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA JCB一般カードの2019キャンペーンはソラチカも対象のポイントサイト経由で!

ANA JCB一般カードの2019キャンペーンはソラチカも対象のポイントサイト経由で!

ANAカードの中であまり紹介をされていない感じのするJCBブランド。

しかし私は以前このカードを所持していたことがあるので、それほど悪いカードには思えません。

そしてANAJCBカードの入会キャンペーンが2018年10月現在、かなり大きくなっているという話があるのでまとめました。

ANA JCB カードのキャンペーン

ポイントサイトから入会する

ANA JCBカードは最近入会キャンペーンを大きくしています。

これはライバルのVISAカードがあまりしていないのを尻目に会員数を増やそうという施策なのかもしれませんね(笑)

ポイントサイトの案件でもかなり大きなキャンペーンを行っております。

ポイントサイト 通常ポイント 金額換算
すぐたま 150,000ポイント 7,500円
ライフメディア 7,200ポイント 7,200円
ECナビ 60,000ポイント 6,000円

今のところ一番いいポイントを提供しているのは、すぐたまのポイントが多いです。

このすぐたまのキャンペーンですが、期間限定になっていますので、わかった段階で申し込みするのがお得です。

またすぐたまで貯めることのできるポイントはプリンスホテルで宿泊できるプリンスポイントに交換できますので、私も積極的に利用させてもらっているポイントサイトになります。

品川プリンスホテルの宿泊体験談!5000プリンスポイントでメインタワーツインに!

実際にプリンスポイントを貯めて宿泊できたので、かなり使い勝手のいいポイントだと思われます。

このポイントを貯めることができるのは「すぐたま」だけですよ。

すぐたまに登録する

またライフメディアからの申し込みで250円分もプラスになるから会員になっていない人はこちらから登録してカードを作ってください。

このライフメディアはGポイントルートができたので、マイルに還元するのであれば最も高いポイントサイトになっていますよ!

ライフメディアへ無料登録

登録した後はアンケートでいいので、早くに1ポイントを獲得しましょう。

おすすめはすぐたまとライフメディアになります。

そしてこの一般カードでもしまだソラチカカードを持っていないのであれば、ソラチカカードを持つことをおすすめいたします。

ポイントサイトでマイルを貯めるには必須のカードですから、この機会におすすめいたします。

ソラチカカードの入会キャンペーンでポイントサイトは?2018年10月最新版!

マイ友プログラムで500マイル

このプログラムはANAカードの共通のプログラムとなっていますから利用しないと損ですね。

500マイルと言えば年間50万円の利用が必要なマイル数ですから、きっちりと獲得しておきたいキャンペーンになります。

上記リンクにいくと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、

紹介者氏名欄:フクダトシヤ

紹介者番号:00035548

このように入力すると500マイル相当がゲットできるので必ず登録しないともったいないです。

ANA JCBカード共通のキャンペーン

入会ボーナスで1,000マイル

まずこのANA JCBカードですが、入会すると1000マイルを獲得することができます。

これはANA JCB一般カード、ソラチカカード共に共通ですね。

入会後のMyJチェック登録で4500マイル!(1500ボーナスポイント)

そしてこのキャンペーンはJCBに参加登録をする必要があります。

このMyJチェックは本当に簡単です。

通常、カードの利用明細は郵送で送られてきますが、これをWEBでの明細に変えて郵送代をなくすというだけのことです。

これだけの手間で1,200マイル相当は本当にラッキーですね!

最初のWEB申し込みのときに MyJチェックはしておくと便利ですよ。

2019年1月14日の受付完了までとなっていますので早めにどうぞ!

65万円以上の利用で16,500マイル(5,500ボーナスポイント)

あまりカードを利用しない人であれば難しいかもしれませんが、65万円以上の利用で16,500マイルがもらえるキャンペーンを実施しています。

通常の利用ですと65万円の利用で付与されるマイルは6,500マイルですからボーナスポイントがいかに大きいかがわかりますね。

カードの利用期間は2019年3月31日までですから利用期間に余裕はかなりあると思います。

ただこのボーナスマイルは1Okidokiポイント=3マイルですから、通常のマイルよりも還元率は低いです。

それでも16500マイルというのはかなり大きいキャンペーンだと思います。

以上全てをクリアで19,200マイルをゲット!

今年のJCBカードは本気で会員を獲得しようという姿勢がよく見えますね。

  • マイ友プログラム:500マイル
  • 入会キャンペーン:1,000マイル
  • JCB MyJチェックの登録:1,200マイル(400ポイント)
  • 65万円の利用:16,500マイル(5,500ポイント)

ここでポイントと表記してるのはJCBのOkidokiポイントになります。

それをANAマイルに交換するときには1ポイント=3マイルになります。

JCB MyJチェックの登録と利用ポイントを全て達成できると19200マイルを獲得できます。

これにポイントサイトのポイントをマイルに交換するとさらにマイルを貯めることができます。

ANAJCBカード

ANA JCBカードのメリットは?

初年度年会費無料

ANA JCBカードですが、初年度年会費無料となっていますので、カードを発行するだけでは負担は全くありません。

また翌年度の年会費は2000円で継続マイルが1000マイルもらえます。

ハワイでトロリーバスに無料で乗れる

これはJCBカードの特典でANA JCBカードだけではないのですが、オアフ島を巡回しているトロリーバスにJCBのマークがついたカードを見せると無料で乗車できます。

ハワイで利用するときには意外とこのバスに乗るのは重宝しますね。

もし今JCBカードを持っていなければ持つとメリットが出てくると思います。

ANAマイルプラスの加盟店でマイルが貯まる!

ANAマイルプラスというANAマイルが貯まる加盟店があります。

近隣のお店でお買い物をするだけでボーナスマイルが貯まって行きます。

コンビニやガソリンスタンドなどのお店もあるので意識して利用すると貯まりやすいと思います。

毎日のお買い物:セブンイレブン・マツモトキヨシ・ENEOS・イトーヨーカドー

トラベルサポート:ANA機内販売・西鉄ホテルズ・京急EXイン・三井ガーデンホテルズ・ホテルモントレ・ニッポンレンタカー

新生活:ヤマダ電機・紳士服コナカ・紳士服フタタ・はるやま、PerfectSuitFactory(P.S.FA)大きいサイズの店フォーエル、HAL SUIT・大丸・松坂屋・阪急百貨店 阪急メンズ館・阪神百貨店・高島屋・ダイソン

セブンイレブンやヤマダ電機での買い物でマイルが増えるのは嬉しいですね!

他にも阪神百貨店や阪急百貨店などでもマイルがもらえますよ。

ANA JCBカードのデメリットは?

ANAマイルへの移行手数料がかかる

ANAマイルへの移行手数料がかかります。

一般のANA JCBカードは10マイルコース移行手数料は5,400円(税込み)かかります。

この手数料はANAカードでいうとJCBだけではなくVISAもアメックスも一般カードはかかることになります。

ただ手数料がかかるのはやはりデメリットと言わざるをえません。

ボーナスマイルは低い還元率になる

JCBカードで普通に貯まるポイントはOkidokiポイントになります。

ただANAカードの場合にはANAマイルに上記10マイルコースの登録で1ポイント=10マイルで交換することができます。

ですがボーナスポイントからマイルへの移行は1Okidokiポイント=3マイルですので、かなり還元率が低いですね。

ANA JCB一般カードまとめ

VISAよりも先に作っておきたいANA JCBカード

陸マイラーからそれほど高い評価をされていないANA JCBカードですが、今回のキャンペーンで大きくマイルを貯めることができます。

そしてすでにソラチカカードを持っている人でもANA JCB一般カードを発行してもキャンペーンの対象になります。

私もすでにソラチカカードは持っていますが、このキャンペーンの対象になります。

ANA JCBワイドゴールドとどちらを持った方がいいのか?

ANA JCBカードについてここまで説明してきましたが、実は現在ANAではゴールドカードの入会キャンペーンというものを行っております。

2018ANAゴールドカード入会キャンペーンがすごい!プラチナに新規切り替えも!

そう考えると年会費が高いかもしれませんが、ゴールドに入会した方が特なのでは?と考えますね。

ではどちらに入会した方が得なのかを一緒に考えてみたいと思います。

マイルが圧倒的に貯まるのは今はゴールド入会キャンペーンを行っていますのでワイドゴールドカードに軍配があがります。

  • ANA一般カード…18,700マイル+マイ友500マイル=19,200マイル
  •  ANAゴールドカード…41,000マイル+マイ友2,000マイル=43,000マイル

ANAJCBカード

次に年会費を比較してみましょう。

一般カードは初年度の年会費は無料ですが、10マイルコースに移行するには5400円(税込)かかります。

ゴールドカードは年会費が15,120円かかりますのでその差額が9,720円の差額があります。

そして他にはポイントサイトもありますね。

すぐたまは一般カードのみがポイントになりますので7500円相当獲得できます。

ちょびリッチであればゴールドも対象になりますので7000円相当獲得できます。

自分の手出しで約1万円の差があって獲得できるマイル数は23800マイルの差です。

1マイル約2.4円で買うことができるのであればゴールドカードでもいいかもしれませんね。

2018最新版ANA VISAワイドゴールドのキャンペーンはポイントサイト経由?

さらにマイルを圧倒的に貯めたい!

人と会う仕事をしていて、紹介できる人が大勢いる人はANAアメックスカードが良いでしょう。

ANAマイルに交換する上限はなく貯めやすいカードだと思います。

ANAアメックスゴールドの2018年10月は9万マイル!キャンペーンはポイントサイト経由以外で!

ただ入会キャンペーンのボーナスは非常に大きいものがあります。

その際にはきちんとマイ友プログラムを忘れないようにしましょうね!

 

 

P.S 大阪で好評だったセミナーを開催いたしますので、ご興味ある方はこちらで案内していますのでご覧になってください!

 

生活を変えなくても年間5万マイルを貯めれる方法があるのをご存知でしょうか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • マイレージプラスセゾンはポイントサイト経由で!還元率1.5%でキャンペーンは?

  • 2019JALマイルを貯める初心者向けのクレジットカードは?JCB・VISA・AMEXは?

  • dカードゴールドはポイントサイト経由で37500円相当!6月キャンペーンが驚愕すぎる!

  • 2018ANAゴールドカード入会キャンペーンがすごい!プラチナに新規切り替えも!

  • dカードゴールドのdポイントはANAマイルに移行できる?裏技的な使い方は?

  • SuMi TRUST CLUBプラチナでマイルは?ポイントサイトのキャンペーンは?