1. TOP
  2. ANAマイル
  3. 法人カードのマイルは個人利用できる?ANAを貯めるおすすめのクレジットカードは?

法人カードのマイルは個人利用できる?ANAを貯めるおすすめのクレジットカードは?

こんにちは、FPマイラーです!

私もよく利用している法人カードですが、会社経営をされている方や個人事業主で仕事をしている方は法人カードでマイルが貯めたい!と思っている人が多いです。

会社経費でのカード利用額は大きくなることも多いですし、そうなれば当然カードの決済額が大きくポイントも貯まりやすくなりますからね。

マイル還元率の高い法人カードは何があるのか?

マイルの貯まるおすすめの法人カードをご紹介していきましょう。

法人カードでもマイルは貯まる

法人カードでマイルを貯めるのはビジネスカードが多い

法人カードというのも今は昔と違って様々な形態で発行されていることが増えていますね。

大企業などで導入されているコーポレートカードなどもありますが、法人カードでマイルを貯めたいと思っている人は中小企業の社長や個人事業主が多いと思われます。

そのような中小法人向けのカードといえばビジネスカードになりますが、このビジネスカードはポイントが貯まってマイルに交換することができるものが多いです。

ビジネスカードでマイルが貯まりやすいものを中心に説明していきます。

ビジネスカードのマイルは個人利用できるのか?

私もこれまでに何枚ものビジネスカードを保持してきました。

個人事業主の時にも法人の代表者となっても、どちらの立場でもカードを持ってポイントを貯めることはできました。

ただ、非常に難しい部分にはなってきますが、ビジネスカードのポイントをマイルに変えて個人で利用するということも何度もしていますね。

非常にグレーな部分になってきますが、私は知り合いの税理士などにも確認しましたが個人利用をしていてもそれほど大きな問題にはならないようです。

これは税理士さんの見解によっても分かれるところだとも言われていますが、割引扱いになるようですね。

だからビジネスカードで貯まったポイントを個人のマイル口座に移行して利用してもほぼ大丈夫なことが多いようです。

厳密にいうとこのマイルに交換するという事例に対しての経理処理が定められていない、ということがあるようです。

気になる方はご自身の税理士さんに確認してみてはいかがでしょうか。

ANAマイルが貯まるビジネスカード

最も高還元率のビジネスカードはANAダイナースプレミアム

ではANAマイルに交換できる最も貯まりやすいカードはどれになるのでしょうか?

純粋な法人カードではありませんが、ANAマイルが貯まる最強のカードはANAダイナースプレミアムに決まりでしょう。

年会費が167,400円という破格の年会費もさることながら還元率が2%もあるのは強烈です!

ダイナースカードはこのカードに限らず、2160円(税込み)を支払えば、法人口座での引き落としができるビジネスアカウントカードを持つことができます。

そしてこのANAダイナースプレミアムカードも当然同じように持つことができますね。

法人での経費でマイルが還元率2%貯まっていけば、面白いようにマイルが貯まって行くことは間違いありませんよ!

そして当然このビジネスアカウントカードを利用して、マイルを貯めているツワモノはたくさんいます!

ANAダイナースプレミアムは法人カードにも!ポイント還元率最強でメリットは?

しかしこちらのカードは招待制になっており、いきなり申し込みすることはできません。

通常の流れであれば ANAダイナースカードを利用している人にインビテーションが来る、という流れになります。

但しこのカードを持っているカードホルダーからの招待であればいきなり申し込みできるという噂もありますが(笑)

どうしても欲しい!ということでしたらANAダイナースプレミアムカードホルダーを探してみてください。

 

ANAカードはJCBやVISAも法人カードは発行

ANAカードを発行している国内大手の三井住友VISAやJCBにも法人カードはあります。

つまりVISA・マスター・JCBと3ブランドの中から ANAカードを選ぶことができます。

そして三井住友VISAもJCBも個人カードと同じラインアップになっています。

但し法人カードですのでマイペイすリボ利用での年会費優遇などはありません。

しかも年会費も若干高いですので、法人カードでどうしてもANAマイルを貯めたい!という人向けになるのではないでしょうか。

イメージ的にはそれほど魅力的な感じには思えません。

 

ANAカード以外でANAマイルを貯める!

ビジネスカードでマイルを貯めるならアメックスビジネスがおすすめ

次にご紹介するのはこれも私がこれから持とうとしているカードになりますね!

アメックスビジネスゴールドカードになります。

このカードは言わずと知れたアメックスの法人ゴールドカードですがこちらも還元率は1%でアメックスのリワードポイントを貯めることができます。

ただしメンバーシップ・リワード・プラスに入るのに手数料3240円かかりますが、これでポイントからマイルへの還元率が上がります。

また現在は大きな入会キャンペーンを行っており、アメックス既存会員プログラムからの紹介であれば初年度年会費が無料にもなっています!

アメックスビジネスゴールド11月キャンペーンは6.8万ポイント!紹介プログラムがお得に!

もしANAのマイルに交換するのであれば更に5400円かかりますが。初年度年会費無料ですので他のカードと比べても手数料は低く抑えることができます。

但しANAマイルに移行できる年間上限額は4万マイルになります。

ただアメックスのポイントからはANA以外のマイルに交換することもでき、実はこれが結構良かったりします。

例えば国内線を主に利用するのであればブリティッシュエアウェイズのマイルを利用した方がANAを利用するよりも少ないマイルで特典航空券を取ることもできますよ。

BAブリティッシュエアウェイズのマイレージはJAL特典航空券のマイルが有利!

ANAだけに交換せずに色々な航空会社のマイレージに交換できるというのは非常に大きなメリットに今後なってくるでしょう。

ちなみにブリティッシュエアウェイズで大阪-東京の特典航空券は9000マイルで移動することができます。

ANAの12000マイルよりも少なく取れるので私はこちらのマイルも貯めています。

メンバーシップリワードプラスはこちらで確認してください。

私は個人でANAマイルを、ビジネスカードでアメックスリワードポイントを貯めています。

おすすめはこの組み合わせだと思っています。

そしてアメックスビジネスカードの申し込みは紹介プログラムからの利用が最も特典が多くお得になります。

友人にアメックスの会員がいればその人から紹介してもらえばいいと思いますが、もしいない場合は下記から申し込みしていただくことでも特典を受けることができます。

アメックスビジネスカードも還元は高い!

アメックスビジネスカードには現在グリーンのビジネスカードも出ています。

以前はビジネスゴールドしか記憶にありませんが、今はグリーンもあるんですよね。

年会費は個人のアメックスグリーンと同じく12960円です。

こちらの方もアメックスの入会キャンペーンを行っていますが、ゴールドも初年度年会費無料ですので最初はゴールドを選ばれる方がキャンペーン的にも有利だと思います。

法人カード利用のお勧め方法

個人事業主でもカードを持てる!

法人経営者だけではなく、個人事業主でもカードを持てるというのはかなりのメリット。

また法人にして間もない会社でもカード発行をすることができます。

法人設立当初は法人カードの発行が難しいこともありますが、昔からアメックスビジネスカードであれば社長個人の信用情報で与信をみますのでカードの発行をしてくれることが多いです。

立ち上げたばかりの会社は、アメックスビジネスカードでまずは審査を受けてみるのが最もおすすめの方法となります。

国税の支払いができる

個人的にビジネスカードで大きな金額を利用するのは国税がおすすめです。

手数料はかかるのですが、アメックスの場合利用額に応じてポイントがもらえる入会キャンペーンを開催していることが多いです。

よって法人税や消費税など会社にかかってくる国税は支払額が大きくなりますので、手数料がかかってもビジネスアカウントのカードで支払いをすレバそれで一気に条件を達成することも可能。

但し国税の場合は1.0%の還元率ではなく0.5%の還元率となっています。

少し還元率は落ちるかもしれませんが、入会キャンペーンを獲得できるのであれば、そちらの方が結果的にはお得になります。

ちなみに200万円の国税を支払った時の手数料は以下の画像の通りです。

ポイント還元率が0.5%であれば10000ポイントたまります。

手数料の方が高いのですが、これだけの手数料を支払うだけで入会キャンペーンを獲得できるのであればかなり安いのではないでしょうか。

ちなみにアメックスビジネスゴールドの紹介キャンペーンで獲得できるマックスのポイントは68,000ポイントになっています。

16,416円の支払いでこれだけのマイルが貯まるのであれば美味しいと思いませんか?

マイルを貯める最強におすすできる法人カードは?

ANAマイルを貯める最適なカードは?

以上マイルを貯める法人カードについて具体的なカード名を挙げて説明してきました。

では最もANAマイルが貯まる法人カードはどれか?となるとANAダイナースプレミアムカードになります。

年会費が税抜155,000円とかなり高額になりますが、年会費は経理処理で諸会費という科目で処理できますので経費算入することができます。

もしかなりの利益が出ていて、年会費の負担が問題ないようであればANAダイナースプレミアムのビジネスアカウントが最もマイルが貯まるカードだと言えるでしょう。

アメックスプラチナビジネスというメタル製のカードもいいのですが、こちらのカードも年会費税抜き13万円を支払う必要があります。

こちらのカードは色々な用途や従業員への福利厚生という意味では素晴らしいカードになるのですが、ANAマイルを貯めるだけではない特典が色々とあります。

クレジットカードが大好きな経営者であれば、最もおすすめの法人カードになりますが、これだけの年会費を払うのは少し難しい、という人も少なくないと思います。

初年度年会費無料の超おすすめはアメックスビジネスゴールド

私がこれまでに利用してきた中でおすすめのビジネスカードはアメックスビジネスゴールドカードです。

ビジネスで利用する福利厚生なども色々と用意されています。

クラブオフの利用は個人的には嬉しい特典だと思っています。

しかし何よりこのビジネスゴールドカードを持つ意味というのが大きな入会キャンペーンだと思っています。

アメックスビジネスゴールド11月キャンペーンは6.8万ポイント!紹介プログラムがお得に!

年間200万円の利用は法人税や消費税などを支払えばそれほど問題にはならないと思います。

初年度年会費無料でまずこのゴールドカードを持って、次のビジネスプラチナのインビテーションを待つというのがマイルをザクザク貯めれる法人カードの王道です。

そしてアメックスビジネスゴールドは紹介キャンペーンからの入会が最もお得です。

紹介プログラムの特典を利用する際には下記よりお申し込みしてください。

 

アメックスビジネスカードを利用してザクザクマイルを貯めていってほしいと思います!

 

P.S 生活を変えなくても年間5万マイルを貯めれる方法があるのをご存知でしょうか?

またセミナーを開催いたしますので、ご興味ある方はこちらで案内していますのでご覧になってください!

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるマイルの教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるマイルの教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

陸マイラーに戻って半年で20万マイルを達成。
今もコンスタントに毎月5万マイルをブログだけで貯めている。
元クレジットカード会社の知識を活かして、多くの人にカード情報や
マイルの知識を伝えることを信条としている。
マイルのワークショップを2019年4月に開講予定。

関連記事

  • 法人カードでANAマイルの貯まる最強のおすすめは?JALマイルを貯めるにはどのカード?

  • ANAアメックスの2019年2月キャンペーンは4.3万マイル!ポイントサイト経由や還元率!

  • ANAアメックスプレミアムのキャンペーンは11.6万マイル!プラチナカードでメリットは?

  • げん玉からLINEポイントに交換が可能に!2019年2月ソラチカルートでANAマイルに!

  • 2019年FP兼陸マイラーが選ぶ大量マイル獲得に必要なクレジットカードは?ANAはこれで決まり!

  • ANAダイナースプレミアムは法人カードにも!ポイント還元率最強でメリットは?