1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOはポイントサイト経由で!2019東急ルートが開通でキャンペーンは?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOはポイントサイト経由で!2019東急ルートが開通でキャンペーンは?

こんにちはFPマイラーです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが急激に陸マイラーの評判になっています。

これまでポイントサイトからANAマイルに交換するのはLINEルートが主なルートでしたが、これに勝るとも劣らないルートが開通しました!

そのルートというのが今回説明する「東急ルート」です。

その為に必要なクレジットカードである「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に加入するにはどこから入るとお得になるのか、また東急ルートがどれだけ素晴らしいのかについて調べてみました。

ANA VISAカード

ANA TOKYUルートの開通が凄い!

東急ルートは交換率75%

TOKYU POINTポイントをANAマイルに交換するのはソラチカルートと同じような形になりますね。

ただソラチカルートは約80%で交換できますが、この東急ルートは75%の還元率ですので、少し交換率は落ちます。

ソラチカルート

17190ANAマイル÷21400LINEポイント=80.3%

東急ルート

これまでもTOKYU POINTからANAマイルには交換はできていたようです。

しかしポイントサイトから東急のポイントに交換する手段がなかったんですね。

しかし2019年6月、陸マイラー歓喜の東急ポイントへの交換ルートができました。

JALマイルに交換したり現金への交換でよく利用するドットマネーからこの東急ポイントに交換するルートができたんですね!

しかもドットマネーから東急ポイントへは等価交換になっています。

ドットマネーへ交換できるポイントサイトの数はかなりありますので、これはうれしいニュースでしょう。

そして東急ポイントからANAマイルへの交換レートは以下のような交換率になっています。

1000ポイント=750ANAマイルということですから、75%の交換率になっていますね!

ただし、それは画像でも確認できるようにANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをお持ちであることが条件になっています。

通称東急ルートは交換が早い!

そしてもう一つの大きなメリットと言えるのが、交換スピードの早さでしょう。

まずはドットマネーから東急ポイントの交換時期ですが、1日から15日の交換は当月の下旬ごろ、そして16日から末日の交換は翌月中旬ごろということになっています。

最短で15日前後、遅くても1か月で交換できるのはかなり早いといえるでしょう。

そして次に東急ポイントからANAマイルへの交換日数を調べてみます。

こちらがANAのホームページになりますが、こちらに下記画像の積算日について掲載されています。

なんと申し込みしてから約1週間でANAマイルに交換できます!

ソラチカルートであれば1か月弱くらいかかるところがこのポイントの交換であれば物凄いスピードで交換できるのはかなり嬉しいですね。

私はこれからソラチカルートではなく、東急ルート押しになりそうです。

ANAマイル毎月の移行上限が10万ポイント!

ただソラチカルートは月に移行できる上限が20000メトロポイント=18000ANAマイルですが、この東急ルートに上限はありません。

しかしドットマネーから東急ポイントへの月間最大交換ポイントが10万ポイントとなっているため、実質的にはこの10万ポイントが上限であるといえますね。

つまり東急ポイントからANAマイルへの交換は75000ANAマイルが上限となります!

先ほども説明しましたように東急ルートの方が交換回数が少なくて済むため、少しの交換率のダウンであればこちらを選択する人も増えそうですね。

また同じようなルートでnimocaルートがあるのですが、こちらは70%の交換率ですので東急ルートの方が若干パーセンテージがいいです。

個人的には私はこの東急ルートを最優先にポイントを交換する可能性が高くなりました。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのキャンペーンはどこから入る?

ポイントサイトから入会する

ではこの東急ルートですが、必要になってくるカードがあります。

三井住友カードが発行する「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要になりますが、こちらはどこから入会するとお得になるでしょうか?

こちらのカードは現在私が登録しているカードの中で報酬が高い順番になります。

ポイントサイト 通常ポイント 金額換算
ちょびリッチ 800ポイント 400円
モッピー 300ポイント 300円
ハピタス 250ポイント 250円

今はちょびリッチが一番いいポイントを出していますが正直大した金額ではありません。

この3つのポイントサイトの中で言えばモッピーが最もおすすめです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

陸マイラーはANAでもJALでもモッピーは必須のポイントサイトだと思うので入っておいて損はないですよ!

この7月モッピーはキャンペーンを行なっており、ANAマイルに86.3%の交換率で東急ルートでANAマイルに交換できます!

しかも新規会員は登録して5000ポイントの利用があれば最大1000ポイントもらえるキャンペーンも実施しています。

現在ANA TOKYUカードを持っていない人は是非ともこの機会を見逃さないようにしてください!

ちょびリッチは1ポイント獲得で250円相当を獲得することができますよ!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ハピタスからはドットマネーに交換できますので、もらったポイントもANAマイルに交換できます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ちなみに公式サイトはこちらになっています。

ANA VISAカード

マイ友プログラムで500マイル

でもこのカードを申し込みする前に一つ忘れずにしておいて欲しいことがあります。

それがANA独自のキャンペーンであるマイ友プログラムです。

マイ友プログラムを見る!

ANA TOKYUは一般カードになりますから500マイル獲得することができます。

このプログラムでマイルをもらうにはカードを申し込みする前にマイ友プログラムに登録する必要があります。

上記リンクにいくと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、下記のように入力してください。

紹介者氏名欄:フクダトシヤ

紹介者番号:00035548

このマイ友プログラムの登録後にカードを申し込みすれば500マイルがもらえますよ!

三井住友カードの入会キャンペーンで1000マイル!

ポイントサイト経由と併用できるキャンペーンが三井住友カードの公式キャンペーンですね。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは入会キャンペーンが1000マイルとなっています。

ANAカード入会キャンペーン

通常入会キャンペーン:1000マイル

すごい大きいわけではありませんが、初年度年会費無料にもなります!

以上全てをクリアで1,500マイルをゲット!

これまでに説明してきた内容を全てクリアすると以下のような計算になります。

・入会キャンペーン:1,000マイル

・マイ友プログラム:500マイル

これにポイントサイトでのポイントがもらえます。

東急ルートで交換すれば1125マイルになりますので合計すれば2625マイルになります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリットは?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費は811円(税込)になる

マイペイすリボというのは三井住友カードのリボ払いのシステムですね。

このマイペイすリボの活用というのは陸マイラーは必須となっています。

そしてリボ払いのシステムを登録すると年会費が2,000円から750円(税抜き)になります。

初年度年会費無料ですので、一年目の年会費はかかりません。

東急グループでの買い物は東急ポイントが貯まる

このANA TOKYUカードを利用して貯まるポイントというのは三井住友カードのワールドプレゼントポイントになります。

カードを利用して東急ポイントが貯まるわけではありませんが、東急グループの買い物はワールドプレゼントにプラスして東急ポイントが貯まります。

200円で1ポイントですから、0.5%の還元率ですね。

これは当然メリットだといえるでしょう。

東急沿線にお住まいの方はお買い物だけでもガンガン東急ポイントが貯まりそうです(笑)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのデメリットは?

ANAマイルへ移行するには手数料が必要

こちらのカードは先ほども説明したように

三井住友カード発行のANAカードですが、10マイルコースに登録すると6,480円(税込み)の手数料がかかります。

5マイルコースであれば移行手数料はかかりませんが、メインカードとして利用して10マイルコースにすれば手数料がかかります。

ここがデメリットと言えばデメリットでしょうか。

大きなデメリットはない

色々とここまで見てくると大きなデメリットはないでしょう。

年会費もマイペイす・リボに登録すれば751円ですし、それで継続マイルの1000マイルがもらえますのでデメリットでもないでしょう。

「死蔵カード※」として持っておいても損はないといえるでしょう。

※死蔵カードとは決済には使わないけど持っているだけでメリットのあるカードのこと

ANA TOKYUカードまとめ

東急ルートを積極的に使いたい人は発行しよう

現在ソラチカルートで満足をしている人はこのカードを発行する必要はないでしょうね。

ただ私はポイントサイト⇒ドットマネー⇒TOKYU POINT⇒ANAマイルという交換の早さから、こちらを中心に貯めていきたいと思うようになりました。

ですので、すぐにこのANA TOKYUカードを申し込みしまして当日に審査が出て発行になりました。

今後はこちらを中心に貯めていきたいと思っています。

ポイントサイトも厳選する必要がある?

ドットマネー経由で東急ポイントに交換できるようになりますので、ドットマネーに直接交換できるポイントサイトで貯める必要がありそうです。

先ほど紹介したワラウ、ちょびリッチ、げん玉、ハピタスは全て直接ドットマネーに交換できますのでどれを選んでもらってもいいと思います。

ソラチカルート以外にできた東急ルート。

比較した記事はこちらで詳しく書きました。

ソラチカルート(LINEルート)と東急ルートの徹底比較!ANAマイルに交換はどちらがよいのか?

今後陸マイラーに愛されるカードになりそうですね!

ANA VISAカード

ご案内

8/3大阪のなんばにてポイ活・メルカリセミナーを行います。

毎月ポイントサイトで大量の友達紹介をしている秘訣やメルカリ達人からのお得情報が聞くことができますよ!

詳細はこちら

 




\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • モッピーのプリペイドカードはセディナでチャージは無料!Amazon還元率最強!

  • Kyashリアルカードはポイントサイトで!チャージするクレジットカードのおすすめは?

  • 楽天プレミアムカードはポイントサイト経由でお得に!2019切り替えキャンペーン!

  • JQカードセゾンはポイントサイト経由で!キューポはTポイントやプリンスポイントに!

  • ソラチカルート(LINEルート)と東急ルートの徹底比較!ANAマイルに交換はどちらがよいのか?

  • ロフトカードはポイントサイトで8000円分!金土日10%OFFやキャンペーンも!