1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOはポイントサイト経由で!2020東急ルートのキャンペーンは?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOはポイントサイト経由で!2020東急ルートのキャンペーンは?

こんにちはFPマイラー(@fpmilerosaka)です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが急激に陸マイラーの評判になっています。

というのもソラチカルートが閉鎖になるニュースが流れたのでこのカードが一気に注目を集めているようです!

このカードのルートというのが今注目されている「東急ルート」です。

その為に必要なクレジットカードである「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に加入するにはどこから入るとお得になるのか、また東急ルートがどれだけ素晴らしいのかについて調べてみました。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのキャンペーンはどこから入る?

ポイントサイトから入会する

ではこの東急ルートですが、必要になってくるカードがあります。

三井住友カードが発行する「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要になりますが、こちらはどこから入会するとお得になるでしょうか?

※2月4日現在復活しています!

ポイントサイト 通常ポイント 金額換算
ちょびリッチ 1,400ポイント 700円

2020年2月に入りましてポイントサイトで復活しています!

現在唯一のポイントサイトとなっているのがちょびリッチです。

他のポイントサイトではANA TOKYUは対象外という表示になっていますが、ちょびリッチだけは対象になっています。

 

ちょびリッチはこのANA東急カードへポイントを交換できるドットマネーにリアルタイムで交換できる非常に使い勝手のいいポイントサイトです。

現在ANA TOKYUカードを持っていない人は是非ともこの機会を見逃さないようにしてください!サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

2020年にマイルを貯めやすいポイントサイトとしておすすめできるサイトです!

マイ友プログラムで500マイル

でもこのカードを申し込みする前に一つ忘れずにしておいて欲しいことがあります。

それがANA独自のキャンペーンであるマイ友プログラムです。

マイ友プログラムを見る!

ANA TOKYUは一般カードになりますから500マイル獲得することができます。

このプログラムでマイルをもらうにはカードを申し込みする前にマイ友プログラムに登録する必要があります。

上記リンクにいくと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、下記のように入力してください。

紹介者氏名欄:フクダトシヤ

紹介者番号:00035548

このマイ友プログラムの登録後にカードを申し込みすれば500マイルがもらえますよ!

三井住友カードの入会キャンペーンで1000マイル!

ポイントサイト経由と併用できるキャンペーンが三井住友カードの公式キャンペーンですね。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは入会キャンペーンが1000マイルとなっています。

ANAカード入会キャンペーン

通常入会キャンペーン:1000マイル

すごい大きいわけではありませんが、初年度年会費無料にもなります!

以上全てをクリアで1,500マイルをゲット!

これまでに説明してきた内容を全てクリアすると以下のような計算になります。

・入会キャンペーン:1,000マイル

・マイ友プログラム:500マイル

これにポイントサイトでのポイントがもらえます。

ANA TOKYUルートでマイルに交換

東急ルートは交換率75%

TOKYU POINTポイントをANAマイルに交換するのは75%の還元率で交換が可能です。

これまでもTOKYU POINTからANAマイルには交換はできていたようです。

しかしポイントサイトから東急のポイントに交換する手段がなかったんですね。

しかし2019年6月、陸マイラー歓喜の東急ポイントへの交換ルートができました。

JALマイルに交換したり現金への交換でよく利用するドットマネーからこの東急ポイントに交換するルートができたんですね!

しかもドットマネーから東急ポイントへは等価交換になっています。

ドットマネーへ交換できるポイントサイトの数はかなりありますので、これはうれしいニュースでしょう。

そして東急ポイントからANAマイルへの交換レートは以下のような交換率になっています。

1000ポイント=750ANAマイルということですから、75%の交換率になっていますね!

ただし、それは画像でも確認できるようにANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをお持ちであることが条件になっています。

TOKYUルートは交換が早い!

そしてもう一つの大きなメリットと言えるのが、交換スピードの早さでしょう。

まずはドットマネーから東急ポイントの交換時期ですが、1日から15日の交換は当月の下旬ごろ、そして16日から末日の交換は翌月中旬ごろということになっています。

最短で15日前後、遅くても1か月で交換できるのはかなり早いといえるでしょう。

私の体感では15日までの交換ですと大体25日くらいには交換できています。

そして次に東急ポイントからANAマイルへの交換日数を調べてみます。

こちらがANAのホームページになりますが、こちらに下記画像の積算日について掲載されています。

なんと申し込みしてから約1週間でANAマイルに交換できます!

ソラチカルートであれば1か月弱くらいかかるところがこのポイントの交換であれば物凄いスピードで交換できるのはかなり嬉しいですね。

モッピーやポイントインカムには100%や90%還元の案件が多数ありますので、これでマイルに交換している人はかなり多いと思われます。

ANAマイル毎月の移行上限が10万ポイント!

ただソラチカルートは月に移行できる上限が20000メトロポイント=18000ANAマイルですが、この東急ルートに上限はありません。

しかしドットマネーから東急ポイントへの月間最大交換ポイントが10万ポイントとなっているため、実質的にはこの10万ポイントが上限であるといえますね。

つまり東急ポイントからANAマイルへの交換は75000ANAマイルが上限となります!

先ほども説明しましたように東急ルートの方が交換回数が少なくて済むため、少しの交換率のダウンであればこちらを選択する人も増えそうですね。

また同じようなルートでnimocaルートがあるのですが、こちらは70%の交換率ですので東急ルートの方が若干パーセンテージがいいです。

個人的には私はこの東急ルートを最優先にポイントを交換する可能性が高くなりました。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリットは?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費は825円(税込)になる

マイペイすリボというのは三井住友カードのリボ払いのシステムですね。

このマイペイすリボの活用というのは陸マイラーは必須となっています。

そしてリボ払いのシステムを登録すると年会費が2,000円から750円(税抜き)になります。

初年度年会費無料ですので、一年目の年会費はかかりません。

東急グループでの買い物は東急ポイントが貯まる

このANA TOKYUカードを利用して貯まるポイントというのは三井住友カードのワールドプレゼントポイントになります。

カードを利用して東急ポイントが貯まるわけではありませんが、東急グループの買い物はワールドプレゼントにプラスして東急ポイントが貯まります。

200円で1ポイントですから、0.5%の還元率ですね。

これは当然メリットだといえるでしょう。

東急沿線にお住まいの方はお買い物だけでもガンガン東急ポイントが貯まりそうです(笑)

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのデメリットは?

ANAマイルへ移行するには手数料が必要

こちらのカードは先ほども説明したように

三井住友カード発行のANAカードですが、10マイルコースに登録すると6,480円(税込み)の手数料がかかります。

5マイルコースであれば移行手数料はかかりませんが、メインカードとして利用して10マイルコースにすれば手数料がかかります。

ここがデメリットと言えばデメリットでしょうか。

大きなデメリットはない

色々とここまで見てくると大きなデメリットはないでしょう。

年会費もマイペイす・リボに登録すれば751円ですし、それで継続マイルの1000マイルがもらえますのでデメリットでもないでしょう。

「死蔵カード※」として持っておいても損はないといえるでしょう。

※死蔵カードとは決済には使わないけど持っているだけでメリットのあるカードのこと

ANA TOKYUカードまとめ

ポイントサイトを積極的に使いたい人は発行しよう

現在ポイントサイト経由でANAマイルに交換するにはこの東急ルートを利用するのが最もお得に交換できる方法となります。

ポイントサイトから直接ANAマイルに交換することもできますが交換率が低いのでおすすめできません。

ポイントサイトを積極的に利用してマイルに交換したい人はこちらのカードを発行しましょう!

ポイントサイトも厳選する必要がある?

ドットマネー経由で東急ポイントに交換できるようになりますので、ドットマネーに直接交換できるポイントサイトで貯める必要がありそうです。

ドットマネーに交換しやすいポイントサイトとして2020年に私がおすすめできるポイントサイトは以下のポイントサイトになります。

  • モッピー
  • ポイントインカム
  • ハピタス
  • ライフメディア 

以上4つのポイントサイトを中心に貯めて行くのがおすすめでしょう。

中でもモッピーはエクスプレスキャンペーンを実施していますのでかなりおすすめです。

持っていない人で陸マイラーになろうと考えている人はすぐに作って置くことをおすすめしますよ!

セミナーの開催は随時行っております。

こちらのページで詳細を確認できます!

FPマイラー開催のセミナー案内

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーのマイルとお金の貯め方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーのマイルとお金の貯め方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • 法人カードのマイルは個人利用できる?ANAを貯めるおすすめのクレジットカードは?

  • 2020年最新版ANAやJALやLCCの航空券を格安で購入する!海外旅行完全無料も可能?

  • ライフカードの2019入会キャンペーンはポイントサイト経由で24500円相当!

  • ロストバゲージの際は寄託手荷物遅延費用の補償で!保険金請求をして1週間で約10万円出た実例

  • ソラシドエアのカードはポイントサイト経由で!2019キャンペーンと使い道や貯め方は?

  • ロフトカードはポイントサイトで8000円分!金土日10%OFFやキャンペーンも!