1. TOP
  2. ANAマイル
  3. ANAダイナース2019年11月最新版入会キャンペーンで7.3万マイル!ポイントサイト経由はある?

ANAダイナース2019年11月最新版入会キャンペーンで7.3万マイル!ポイントサイト経由はある?

ANAの提携カードの中でも上位ランクに位置するダイナースカード。

世界で一番最初にできたカード会社ということでも有名なカードですね。

ダイナースカードは以前私も持っていましたが、ステータス性の高さは折り紙付きです。

そしてこのダイナースもANAとの提携カードがあります。

ANAダイナースカードが現在、どこから加入すると最もお得になるのかをまとめました。




ANAダイナースカードのキャンペーン

カードの申し込み前にマイ友プログラムに登録を!

ANAダイナースカードに入ろうとしている人はANAのマイルを貯めたいと思っている人がほとんどのはず。

そうすると、お得にマイルをゲットできる方法としてまずはマイ友プログラムに加入するのが得策です。

このプログラムはANAの提携カード共通のプログラムになっています。

 

上記リンクにいくと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、

紹介者氏名欄:フクダトシヤ

紹介者番号:00035548

を下記のように入力してください。

ちなみにANAダイナースカードはゴールドカードと同じ扱いになっているので、このマイ友プログラムに登録すると2000マイルもらえることになっています。

ANAダイナースカードを申し込みする前に必ずこの作業はしておいてください。

どのポイントサイトから入会する?

ANAダイナースカードですが、今は三井住友信託銀行グループのカード会社となっていますね。

以前私がダイナースカードを持っていた時はシティバンクのグループでしたが、何か色々と変わっていますね。

2017年以前は大盤振る舞いの入会キャンペーンをしていたようですが、2019年10月現在ポイントサイトからの入会でポイントが付かなくなってしまっています。

ポイントサイトでの案件がなくなったのは、公式サイトのキャンペーンとプロパーカードのキャンペーンが大きくなったからでしょう!

ダイナースクラブカードはポイントサイト経由で!2019最新キャンペーンでマイルが大量に貯まる!

公式キャンペーンで最大71,000マイル!

ANAダイナースカードの公式キャンペーンとして現在行われているキャンペーンは次のようになっています。

こちらのキャンペーンは2020年1月31日までのキャンペーンとなっています。

そしてANAダイナースカードのキャンペーンで獲得できるマイルは下表のとおりです。

特典1 新規入会特典 2,000マイル
特典2 入会3ヶ月以内に50万円利用 38,000マイル
特典3 入会3ヶ月以内にさらに40万円(合計90万)利用 20,000マイル
特典4 ビジネスアカウントと家族カード 2,000マイル
通常利用分 9,000マイル

すべて合計すると71,000マイルもの大量マイルを獲得できます!

特典1は新規入会ですので入会すればもらえます。

特典2と特典3については大体4ヶ月間での利用期間になっています。

年末年始ななど新しく家電を買い換える人たちにとっては非常に魅力的なキャンペーンになっているでしょう。

そして法人アカウントの追加発行や家族カードを発行すると2000マイルもらえることができますが、これらは別途年会費が必要になりますので、必要な方は入るといいと思います。

そしてこれら全てのキャンペーンを達成すると合計で71,000マイルもの大量マイルを貯めることができます。

90万円の利用で71,000マイルというのはANAアメックスゴールドよりも条件は有利になっていますよ!

今ANAカードに入会するのであれば一番いいかもしれませんね!

ANAダイナースカードのメリットは?

ダイナースカードはANAマイルへの移行手数料が無料

こちらはVISAやJCBのゴールドカードと同じですが、ANAマイルへの移行手数料は無料です。

またポイントも無期限に貯められますので急いで交換しなくても大丈夫ですね。

さすがにステータスカードといったところでしょうか。

+25%の搭乗ボーナス

この特典も他のゴールドカードと同様でANAにお金を支払って搭乗する時に25%のボーナスマイルが付与されます。

500マイルの区間でしたら625マイルが貯まる計算になります。

通常のANA一般カードだとこういう特典はありませんね。

エグゼクティブダイニング

もともとダイナースの語源は食事をする人という意味があるので、レストランに関する特典が強いのもダイナースの特徴だと言えるでしょう。

このコースを使えば高級レストランに2人で食事に行き、所定のコースを頼めば2人のうち1人分が無料になります。

また6人以上のご利用の場合は2人分が無料になったりもするので、かなりお得に食事することができます。

1店舗あたり半年に1回使えますので、毎月違うお店で楽しむこともできたりもします!

お店のリストはこちらから見れますよ。

ビジネスアカウントカードを追加できる!

ANAダイナースカードの最大のメリットといえるのが、このビジネスアカウントカードを追加発行できることでしょう。

通常は個人カードの場合、個人の口座からしか引き落とすことはできません。

しかしこのビジネスアカウントカードを2,000円(税抜き)で追加発行すれば、このビジネスアカウントカードで利用した分は法人の口座から引き落とすことが可能になるのです。

つまりANAカードの利用を法人の口座で引き落とすので経費にできるようになるんです!

法人の経営者はカードで大きな買い物をすることが多いので、こういった法人口座から引き落としできるカードは欲しいと思っている経営者はたくさんいます。

私の知っている豪快な社長もそういえばダイナースカードでマイルを貯めてよくフィリピンに行っているといっていました(笑)

しかもマイルは沢山貯まっているからタダで!とも言っていましたよ。

法人税など大きな金額を支払う予定のある人は最高の選択肢に!

ダイナースというブランドも手伝って法人社長にはかなり人気のあるカードであると言えるでしょう。

法人経費でANAカードを貯めることができるのはこのANAダイナースはかなりいいと思われます。

ただし税金を支払う際のポイント還元率は0.5%と半分になりますのでそこはご注意を!

ANAダイナースにはコーポレートカードもありますが、この対象期間内にカードで税金を支払いたい人にとっては最高の選択肢になるでしょう!

実はANAダイナースには法人カードであるANAダイナースコーポレートカードもありますが、そちらのカードはキャンペーンが全然ありませんのでこのビジネスアカウントはかなり使えます!

ANAカードマイルプラス加盟店の利用でマイルが貯まる!

さらにマイルが貯まりやすい加盟店があり、そこを重点的に考えて使うとマイルが貯めやすいです。

毎日のお買い物

セブンイレブン・マツモトキヨシ・ENEOS・イトーヨーカドー

トラベルサポート

ANA機内販売・西鉄ホテルズ・京急EXイン・三井ガーデンホテルズ・ホテルモントレ・ニッポンレンタカー

新生活

ヤマダ電機・紳士服コナカ・紳士服フタタ・はるやま、PerfectSuitFactory(P.S.FA)大きいサイズの店フォーエル、HAL SUIT・大丸・松坂屋・阪急百貨店 阪急メンズ館・阪神百貨店・高島屋・ダイソン

ヤマダ電機や高島屋などでは大きな金額の買い物もあるでしょうから、入会キャンペーンの利用に大きく貢献するかもしれませんね。

FP的視点で見た場合

年会費の27,000円(税抜き)はかなり高い

ではこのANAダイナースカードをFP的な視点で見ていきましょう。

まずは高額な年会費はマイナス材料になりますね。

年会費27,000円(税抜き)は毎月に直すと約2500円の出費になります。

毎月これ以上のメリットがこのANAダイナースカードにあるかと言われるとよく旅行や出張に行く人にはとても重宝するカードだと思います。

国内線でも多くのラウンジが使えますし、ビジネスクラスカウンターが使えるのはちょっとしたメリット。

よく「時は金なり」と言いますが、少しでもラウンジが近いと時間の節約になります。

またよく比較対象になるANAアメックスゴールドと比べるとANAダイナースの方が年会費は少しですが安いのもメリットと呼べるものでしょう。

ダイナースクラブモールはお得!

ダイナースカード専用のダイナースクラブモールというサイトがあります。

ここでネットショッピングができるのですが、ダイナースカードの利用でかなりポイント還元率が高くなるものもあります。

通常1%のポイント還元率が時によっては5%以上の還元率になることも!

このモール内にある今だけアップ中というリンクのところを見るとそれこそ9.5%とかの還元率になっているところもあったりしますよ!

ちなみに1万円の利用でしたら、通常は100ポイントしか付かないところ、950ポイントという大量のポイント数を獲得できることもあるのです!

しかもボーナスポイントだからといって、マイルに交換する時に還元率が低くなることはありません!

このボーナスポイントの扱いがJCBやVISAと違うところですね!

こちらのモールでネットショッピングをたくさんする方であれば、年会費分は全然回収できそうです。

ANAダイナースカードのまとめ

ANAダイナースカードに入会するのはありか?

ANAダイナースカードは券面がダイナースカードと同じなのでシンプルですよね。

カード券面がシンプルというのは個人的にはかなり好きです。

通常のダイナースカードと見た感じそれほど変わりはありませんからね。

ANAダイナースとANAアメックスはどちらがいい?

それではこのANAダイナースカードは持った方がいいのでしょうか?

年会費もかなり高額なカードですが、これと比べられるのはやはりアメックスですね。

私はアメックスの紹介プログラムもしていますが、ダイナースブランドというのは根強い人気があります。

だからこそ、やはりダイナースを持ちたい!と思っている人にとってこの入会特典はかなり魅力的なものになるといえますね。

やはりステータスとしてダイナースカードが欲しい人も多いと思いますので。

そういう方は上級のカードを目指してANAダイナースプレミアムカードを将来的に持ちたいという気持ちがあればANAダイナースカードを持ってインビテーションを待つという手もありますよ!

こちらのカードはポイント還元率が1.5%の還元率となっています。

このANAダイナースプレミアムカードについてはこちらで詳細を書いていますよ!

ANAダイナースプレミアムは法人カードにも!ポイント還元率最強でメリットは?

このプレミアムカードを将来的に持ってみたい!と思っている場合はANAダイナースカードでしっかり決済をしてください!

個人的にはダイナースモール経由でネットショッピングをしてもらうのがオススメの方法です!

ANAダイナースカードを持とうと思った方はマイ友プログラムを先に登録してください。

マイ友プログラムで紹介番号記入

紹介者氏名欄:フクダトシヤ  紹介者番号:00035548

ANAダイナースカードは本当にかっこいいカードですので、一度持ってみてはいかがでしょうか?





セミナーの開催は随時行っております。

こちらのページで詳細を確認できます!

FPマイラー開催のセミナー案内

\ SNSでシェアしよう! /

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPマイラーが教えるANA・JALマイルの貯め方使い方教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

FPマイラー

FPマイラー

1971年6月2日生まれ、大阪市在住。
大阪府立富田林高校、同志社大学法学部卒業後
1995年、大手クレジットカード会社に就職。
入社後債権回収業務を経て、大手航空会社との
提携カードの部署で勤務。マイルの仕組みなどを学ぶ。
30歳の時に自分で稼ぎたい!と考えるようになり、
退職して転職を決意。
2001年から大手外資系保険会社でフルコミッション
の営業職として勤務。
2004年に顧客のことを考えると、色々な商品を提供
できないのは好ましくないと考え保険代理店として独立、
現在は保険代理店の役員でもありFP会社の代表を務める。
FPとしてお金が貯まらない人を「ちょきん体質」に変える
アドバイスや、誰でも簡単に収入を増やせるマネーレッスン
を行い攻めも守りも教えるFPとして活躍。
2003年時からネットでの集客をするようになり、
これまで資産運用や保険の見直しなど2000件以上の
相談実績がある。
2018年から陸マイラーの活動も行い、これまで半年で
20万マイルを貯めた他、単月10万マイルなどの実績がある。
現在は「誰でもすぐに実践できる毎日100円投資」、
「初心者でも簡単にハワイや沖縄に行くマイルを貯める方法」、
など空飛ぶFPマイラーとして活動中。
好きなものは阪神タイガース、B'Z、Greeeenのキセキ。

関連記事

  • 法人カードのマイルは個人利用できる?ANAを貯めるおすすめのクレジットカードは?

  • 2019年6月アメックスゴールドのキャンペーンは?紹介プログラムで有利に!

  • 2019ネスレいろいろ選べる収穫祭は家族も利用できる!すぐたまと割引で93500円相当!

  • ダイナースクラブカードはポイントサイト経由で!2019最新キャンペーンでマイルが大量に貯まる!

  • JQカードセゾンはポイントサイト経由で!キューポはTポイントやプリンスポイントに!

  • プリンスカードセゾンがポイントサイトで驚愕!プリンスホテルの宿泊券優待特典など!